転職はDODA

なぜか「面接に受かる人」の話し方
同じことを話しても面接にパスする人と落ちる人、その差は何か?
rakuten.co.jp

あなたの天職がわかる16の性格
自分に合った仕事は人生を明るくする♪
amazon.co.jp

貧乏神を追い払う!?大人気の風水財布!
大行列の出来る噂の財布。就職、転職のお守りにも。
rakuten.co.jp

転職・就活お役立ち情報

志望動機の書き方のポイント

今回は、「短期間でTOEICを700点獲得するコツ」を紹介します。

履歴書で、TOEICのスコアーは1つのアピールポイントです。

職種にもよりますが、一般的に700点位は好印象を与えるのではないでしょうか?

英語を使う職種であれば、志望動機に紐付けも可能です。

「私は、どうしてもこの職に就きたいので、TOEICを猛勉強しました!」など。

資格もない、何もないというのであれば、TOEICの高得点に挑戦してみてはいかがですか?

職に就いた後、実践で役立ちますしね!

日常会話くらいであれば、1日20分の勉強で十分に話せるようになります。

続きを読む>>TOEICで高得点を獲得する方法





履歴書の書き方

履歴書の志望動機の書き方


履歴書の中でも志望動機は重要な項目です。
経歴書と同じくらい重要な項目だと思います。


しかし、志望動機を書くことって本当に難しいですよね。
「なんて書いていいか分からない???」という方も多いでしょう。


書くことに困った場合は、その会社が何を求めているのか人物像を分析してそのことを書いてみるというのはいかがでしょうか?


例えば、


「その仕事に関する魅力とはどういうことか」


「その魅力に対して自分では何ができると思うか」


「その仕事と自分にとっての利点とは何か」


などを紙に書き出して見ましょう。頭の中で考えているだけでなく、
紙に書き出すことで自分と仕事に対する弱点や関連性などが見えてくると思います。


この作業を行なうと自然と志望動機を書く材料が自然と見えてくるようになると思います。


しかし、希望する職種が未経験の場合は何をどうしてアピールしていいのか分からず、ついつい理論だけを書いてしまう傾向があるので、こういうように書き出していくことで自分と仕事とのつながりを見つけることができると思うのでいい方法だと思います。


これが、経験した職種なのであれば色々な経験もあるしどういう仕事内容かも分かるのでアピールの方法も分かりやすいとは思います。

履歴書の志望動機に仕事をしたいという意欲を書くことはとても重要だと思いますが、それだけでは駄目だと思います。


まずは履歴書で担当者に好印象を与えるようにアピールすること、その仕事をどういうようにやって行きたいかをアピールすることが大切だと思いますよ♪



履歴書の書き方

履歴書の志望動機の書き方と例文転職・就職活動を成功に導くポイントから押さえましょう。内定を勝ち取るためにまず取り組まなければならないのが、勝てる履歴書づくりです。とりわけ大切といわれる志望動機を明確にし、企業の採用担当へアピールすることです。このサイトは、そのコツをお伝えします。

履歴書の志望動機の書き方と例文【はじめに】

『就職・転職を成功させる上で最も重要なことは何でしょうか?』

それは、これまでの自分の経験や能力、人間性、仕事に対する熱意、志望動機を企業の採用担当者に知ってもらうことです。企業の採用担当者にアピールするためのツールが履歴書です。企業の採用担当者へ就職、転職希望者の人柄や仕事のレベルを物語る大切な書類です。

そして履歴書には採用試験の第一関門という意味があります。転職、就職、再就職活動において、まずは書類選考を通過し面接へとことを運ぶ必要があります。

だから、企業の採用担当者に「会ってみたい!」と思わせる履歴書の書き方を学び、準備しなければなりません。そのために、業界、企業研究、志望動機の明確化、経歴やスキルの整理などが必要です。

上手な履歴書の書き方は、情報を洗い出し整理し、そして例や見本を参考に上手く自分を表現することです。履歴書は上手く書けば貴方を面接へと導くパスポートとなります。

このブログは転職、就職、アルバイトの含めて履歴書の書き方を解説します。そして、履歴書の中でもポイントになる志望動機に焦点をあて、例や見本を織り交ぜ情報を配信します。転職、就職活動に役立ていただければと思います。

※サイトで取り上げる例文見本はあくまで例です。転職活動者、就職活動者により個人を取り巻く環境や状況は違いますし、個人のキャリア、アピールポイントも違います。実際に履歴書や志望動機を書く際は自分で考え自分の文章を書くようにしましょう。

この記事は案内ページです。(このページ以降に最新の記事が入ります!)



転職・就職情報

DODA(デューダ)は、豊富な求人情報で希望の求人が見つかると評判ですよね。

転職支援サービスに登録した方に対して、サイトに公開されていない求人をキャリアカウンセリングの中で紹介しています。求職者の希望とベストマッチする求人情報は「非公開求人」の中にこそあるのかもしれませんね。

SEやプログラマの職を希望する方、とくに下の条件に当てはまるなら、登録をおススメします。

・業務アプリ開発経験のある方
・Java、LAMP環境で開発経験のある方
・Webをはじめとした、ユーザー系への開発に関心のある方

転職サイトDODAで転職

▼登録はこちらから↓
転職ならDODA転職サイト

履歴書の書き方

就職や転職で必要なアイテムといえば履歴書です。基本情報や職歴、学歴などすぐに書けると思いますが、難題なのは志望動機の欄です。書く文章が浮かんでこないという人も多いのではないでしょうか?

この欄に記入する内容は人により千差万別でしょうが、資格や特技など仕事に役立つものを持っている人は、そこに絡めて書くこともできるのではないでしょうか?

ここでは志望動機を書く内容において「資格」に焦点をあててみたいと思いますので参考にしてみてください。

資格をアピールすることで志望動機が書きやすくなる人も多いと思います。「私は中学時代に、家族の仕事の関係で海外に住んでいました。日本に帰国して問い詰めTOEICを受けてみたところ800点ほど取ることができました。日常会話も充分にできると自負しています。御社では海外の会社との取引が多いと聞いています。自分の英語力が活かせるのではないかと思っています。是非とも英語力が活かせる仕事をさせていただきたいと希望しています。」

自分が持っている能力の英会話が日常会話レベルならできるということがきちんと相手に伝わっていると思います。資格を持っていますとアピールするより具体的な表現を入れることがポイントですね。一目で分かりやすいようにアピールすると、採用者も判断基準にしやすいと思います。




履歴書の書き方

志望動機をバッチリ決めよう就職・転職活動の成功へ向けて発進しよう。履歴書の志望動機をバッチリ決めよう♪

転職、就職、再就職の際には、まず書類選考の第一関門を通過しなければなりません。その際、企業の採用担当者は数枚の書面だけで貴方を判断します。

果たして書類だけで貴方の良さのどれだけを分かってもらえるでしょうか?

きっと、履歴書などの書類だけでは、貴方の良さのほんの一部しか伝わりません。

もちろん、特別目立つ実績、経験、職歴、資格などを持っていれば有利です。それを強烈にアピールしながら自分を現していきましょう。

でも、そんな人ばかりではありません・・。それに、人間の良さとは、そういった勲章だけではないはずです。

転職、就職、再就職活動において重要になってくるのは、貴方の良さを書面を通して、企業の採用担当者に充分に分かってもらうことです。

それには、履歴書の書き方を工夫する必要があります。
その工夫が貴方の転職・就職活動の勝利への第一歩です。

とくに志望動機は、仕事への意気込みややる気を現します。企業の採用担当者も志望動機を重要視します。

そうなると貴方が今やるべきことが見えてきます。

・自分の経歴や経験を整理し、アピールする文章をつくる
・自分を見つめ直し、将来像をハッキリさせ、熱意ある志望動機を明確にする
・履歴書の書き方のコツを掴む

などが挙がってきます。

具体的のどうしたらよいか?

このサイトは履歴書の志望動機の書き方を中心に、履歴書の書き方のポイントを例文を交えて紹介します。

良い履歴書の作成のポイントは、人真似をしないこと。それでは自分の良さが消えてしまいます。

書籍やインターネットの例や例文を真似るのではなく、参考とします。書き方のポイントを掴んで自分の文章をつくることです。

ビジネスマネーに沿った履歴書の書き方の中で、熱意あるれる志望動機を含んだ、自分を強烈にアピールできる文章を工夫してください。

このサイトでは履歴書の書き方のポイントを記事を通して紹介します!!

履歴書の書き方

志望動機の書き方のポイント

履歴書の中でも志望動機は重要なファクターとなります。転職者活動の場合は業務経験と並び、企業の採用担当者が重視する項目です。また就職活動者のとっては職務経験はありませんので、この欄が最も自己アピールができる項目となるでしょう。

志望動機は応募者の「入社意欲」を判定する項目です。他の応募者よりも強い入社意欲を示すことができれば書類選考ではそれだけでも有利になります。履歴書の用紙の狭い志望動機の欄で「自分が働きたいのは御社ですという気持ちをどう証明するか」がポイントです。

入社意欲を示すのに口先だけで「御社で働きたい!」と訴えても説得力に欠けます。やはり心の底から、「この業界で働きたい!」「この業種に就きたい!」「この会社で働きたい!」という強い気持ちがあってこそ、企業の採用担当者の心を動かす志望動機が書けます。自分の本当の気持ちに気付き、表現することこそ書き方のコツです。

履歴書の志望動機を書く前に、「なぜ自分がその会社で働くことを希望したのか?」今一度確認をしましょう。

自分に質問をしてみてください。

「この会社を何で知ったのか?」
「この業界に興味を持ったきっかけは何だったのか?」
「会社を選んだ基準はどこにあったのか?」
「入社して取り組みたいことは何なのか?」
「なぜ、この会社なのか?」

貴方はこの会社を志望したからには、何か他の業種、職種、企業と比較してそこで働きたいと思ったわけです。そのことを明確にすることが第一歩です。そしてその内容こそが履歴書の志望動機のコアとなります。

志望する業界、業種、企業の魅力を言葉にしてみましょう。漠然と頭の中で分かっているだけではなく、文字にしてメモに書き出してみましょう。真の志望動機が見えてきます。

そして、その会社入ったことを想定して、自分のしたいこと、ライフワークなどのイメージを膨らましてみます。

そこが具体的に見えたら、志望動機の例や見本を参考にして、自分をアピールする文章を考えます。
気になるアイテムをチェック♪
このサイトについて