トップページ志望動機の書き方と例文(転職)志望動機の例文(企業と自分のリンク)

志望動機の書き方と例文(転職)

企業側が志望動機を聞く理由は大きく2つです。1つは自社の仕事に向くかどうか?2つ目は採用したら貴方が本当に入社するかどうか?応募者の意志を確認します。

履歴書の志望動機の欄へ企業が求めているのは「将来性があるから」「安定しているから」「憧れていた」などほめ言葉ではありません。企業が求めているは、「こういう理由があるから志望した」といった明確な志望の理由です。

志望動機の書き方のポイントは、企業の求める人材と、自分のやりたい事、経験、スキルとリンクをさせることです。もし、リンクするものが分からない場合は、自分のやりたい事を具体的に書きます。希望した企業の情報を再度調べなおし、企業と自分との接点を明らかにしてみましょう。

そして、その接点を見つけておけば、面接に進んだ時に志望動機を聞かれても、自分で答えを見つけて伝えられるはずです。文例などを参考に、自分らしさが表現できる志望動機の文章を作成しましょう。

■企業の経営方針と自分をリンクした志望動機の文例
『御社が経営方針として打ち出している「事業部制」に共感を覚え志望いたしました。前職では企業規模が大きかったこともあり、個人的な力量を求められることがあまりありませんでした。ですから事業部ごとの独立精算方式をとっている御社で今まで自分が培ってきた人脈と営業経験を活かしたいと考えております。』

※文例はあくまでも例であり見本です。履歴書の志望動機の欄には自分の言葉で自分らしく書くことを心がけましょう。
なぜか「面接に受かる人」の話し方
同じことを話しても面接にパスする人と落ちる人、その差は何か?
rakuten.co.jp

あなたの天職がわかる16の性格
自分に合った仕事は人生を明るくする♪
amazon.co.jp

貧乏神を追い払う!?大人気の風水財布!
大行列の出来る噂の財布。就職、転職のお守りにも。
rakuten.co.jp

気になるアイテムをチェック♪
このサイトについて