トップページ履歴書の書き方履歴書の持参のマナー

履歴書の書き方

履歴書などの応募書類を持参する場合のマナーを解説します。履歴書を持参する場合は、そのまま面接に入る場合が多いかと思います。事前連絡でアポイントを取った上で、約束の時間に必ず間合うように出発します。遅刻は厳禁ですから余裕を持って訪問するようにします。ビジネスマネーとしては、約束の5分前に訪問するのが最適です。交通にかかる時間を良く調べ、余裕を見てだ家を出ましょう。

封筒の書き方と渡し方について説明します。間違いやすいので注意してください。履歴書など応募書類を持参する場合は小さな封筒に、折りたたんで入れたりせずに、必ず無地の大型封筒に折らずに入れていきます。封筒の表面は無記入、封筒の裏面には自分の連絡先と名前を書いておきます。上から添え状、履歴書、職務経歴書の順に重ねて入れます。渡した直後に面接となり、書類を取り出すことがあるため、封はしないで渡します。履歴書などの入った封筒の渡し方は、封筒の表面を上にし、自分で封入口側を持ち、相手が持った時に、封筒の天地が正しくなるように差し出します。「応募書類です。宜しくお願いいたします。」とはきっりした口調で伝え、一礼をして渡すようにします。このあたりのマナーは、ビジネスにおいて得意先企業や顧客などの書類を持っていく場合と同じです。ですから、キチンと行いましょう。もう面接が始まっていると思ってください。そして、面接では「質問にどう答えるか?」「何を答えるのか?」ということばかりを考えがちになりますが、それと同じくらい大切なのが第一印象です。どんなに面接官とのコニュニケーションがうまくいっても第一印象が悪いと大損です。第一印象を良くするために最低限のこと、明るい表情を心がけます。とくに目線が大事です。うつむいたり、キャロキャロしないようにし、相手の目を見て話すようにしましょう。

なぜか「面接に受かる人」の話し方
同じことを話しても面接にパスする人と落ちる人、その差は何か?
rakuten.co.jp

あなたの天職がわかる16の性格
自分に合った仕事は人生を明るくする♪
amazon.co.jp

貧乏神を追い払う!?大人気の風水財布!
大行列の出来る噂の財布。就職、転職のお守りにも。
rakuten.co.jp

気になるアイテムをチェック♪
このサイトについて