なぜか「面接に受かる人」の話し方
同じことを話しても面接にパスする人と落ちる人、その差は何か?
rakuten.co.jp

あなたの天職がわかる16の性格
自分に合った仕事は人生を明るくする♪
amazon.co.jp

貧乏神を追い払う!?大人気の風水財布!
大行列の出来る噂の財布。就職、転職のお守りにも。
rakuten.co.jp

履歴書の書き方

履歴書の志望動機の書き方


履歴書の中でも志望動機は重要な項目です。
経歴書と同じくらい重要な項目だと思います。


しかし、志望動機を書くことって本当に難しいですよね。
「なんて書いていいか分からない???」という方も多いでしょう。


書くことに困った場合は、その会社が何を求めているのか人物像を分析してそのことを書いてみるというのはいかがでしょうか?


例えば、


「その仕事に関する魅力とはどういうことか」


「その魅力に対して自分では何ができると思うか」


「その仕事と自分にとっての利点とは何か」


などを紙に書き出して見ましょう。頭の中で考えているだけでなく、
紙に書き出すことで自分と仕事に対する弱点や関連性などが見えてくると思います。


この作業を行なうと自然と志望動機を書く材料が自然と見えてくるようになると思います。


しかし、希望する職種が未経験の場合は何をどうしてアピールしていいのか分からず、ついつい理論だけを書いてしまう傾向があるので、こういうように書き出していくことで自分と仕事とのつながりを見つけることができると思うのでいい方法だと思います。


これが、経験した職種なのであれば色々な経験もあるしどういう仕事内容かも分かるのでアピールの方法も分かりやすいとは思います。

履歴書の志望動機に仕事をしたいという意欲を書くことはとても重要だと思いますが、それだけでは駄目だと思います。


まずは履歴書で担当者に好印象を与えるようにアピールすること、その仕事をどういうようにやって行きたいかをアピールすることが大切だと思いますよ♪



履歴書の志望動機の書き方と例文転職・就職活動を成功に導くポイントから押さえましょう。内定を勝ち取るためにまず取り組まなければならないのが、勝てる履歴書づくりです。とりわけ大切といわれる志望動機を明確にし、企業の採用担当へアピールすることです。このサイトは、そのコツをお伝えします。

履歴書の志望動機の書き方と例文【はじめに】

『就職・転職を成功させる上で最も重要なことは何でしょうか?』

それは、これまでの自分の経験や能力、人間性、仕事に対する熱意、志望動機を企業の採用担当者に知ってもらうことです。企業の採用担当者にアピールするためのツールが履歴書です。企業の採用担当者へ就職、転職希望者の人柄や仕事のレベルを物語る大切な書類です。

そして履歴書には採用試験の第一関門という意味があります。転職、就職、再就職活動において、まずは書類選考を通過し面接へとことを運ぶ必要があります。

だから、企業の採用担当者に「会ってみたい!」と思わせる履歴書の書き方を学び、準備しなければなりません。そのために、業界、企業研究、志望動機の明確化、経歴やスキルの整理などが必要です。

上手な履歴書の書き方は、情報を洗い出し整理し、そして例や見本を参考に上手く自分を表現することです。履歴書は上手く書けば貴方を面接へと導くパスポートとなります。

このブログは転職、就職、アルバイトの含めて履歴書の書き方を解説します。そして、履歴書の中でもポイントになる志望動機に焦点をあて、例や見本を織り交ぜ情報を配信します。転職、就職活動に役立ていただければと思います。

※サイトで取り上げる例文見本はあくまで例です。転職活動者、就職活動者により個人を取り巻く環境や状況は違いますし、個人のキャリア、アピールポイントも違います。実際に履歴書や志望動機を書く際は自分で考え自分の文章を書くようにしましょう。

この記事は案内ページです。(このページ以降に最新の記事が入ります!)



就職や転職で必要なアイテムといえば履歴書です。基本情報や職歴、学歴などすぐに書けると思いますが、難題なのは志望動機の欄です。書く文章が浮かんでこないという人も多いのではないでしょうか?

この欄に記入する内容は人により千差万別でしょうが、資格や特技など仕事に役立つものを持っている人は、そこに絡めて書くこともできるのではないでしょうか?

ここでは志望動機を書く内容において「資格」に焦点をあててみたいと思いますので参考にしてみてください。

資格をアピールすることで志望動機が書きやすくなる人も多いと思います。「私は中学時代に、家族の仕事の関係で海外に住んでいました。日本に帰国して問い詰めTOEICを受けてみたところ800点ほど取ることができました。日常会話も充分にできると自負しています。御社では海外の会社との取引が多いと聞いています。自分の英語力が活かせるのではないかと思っています。是非とも英語力が活かせる仕事をさせていただきたいと希望しています。」

自分が持っている能力の英会話が日常会話レベルならできるということがきちんと相手に伝わっていると思います。資格を持っていますとアピールするより具体的な表現を入れることがポイントですね。一目で分かりやすいようにアピールすると、採用者も判断基準にしやすいと思います。




志望動機をバッチリ決めよう就職・転職活動の成功へ向けて発進しよう。履歴書の志望動機をバッチリ決めよう♪

転職、就職、再就職の際には、まず書類選考の第一関門を通過しなければなりません。その際、企業の採用担当者は数枚の書面だけで貴方を判断します。

果たして書類だけで貴方の良さのどれだけを分かってもらえるでしょうか?

きっと、履歴書などの書類だけでは、貴方の良さのほんの一部しか伝わりません。

もちろん、特別目立つ実績、経験、職歴、資格などを持っていれば有利です。それを強烈にアピールしながら自分を現していきましょう。

でも、そんな人ばかりではありません・・。それに、人間の良さとは、そういった勲章だけではないはずです。

転職、就職、再就職活動において重要になってくるのは、貴方の良さを書面を通して、企業の採用担当者に充分に分かってもらうことです。

それには、履歴書の書き方を工夫する必要があります。
その工夫が貴方の転職・就職活動の勝利への第一歩です。

とくに志望動機は、仕事への意気込みややる気を現します。企業の採用担当者も志望動機を重要視します。

そうなると貴方が今やるべきことが見えてきます。

・自分の経歴や経験を整理し、アピールする文章をつくる
・自分を見つめ直し、将来像をハッキリさせ、熱意ある志望動機を明確にする
・履歴書の書き方のコツを掴む

などが挙がってきます。

具体的のどうしたらよいか?

このサイトは履歴書の志望動機の書き方を中心に、履歴書の書き方のポイントを例文を交えて紹介します。

良い履歴書の作成のポイントは、人真似をしないこと。それでは自分の良さが消えてしまいます。

書籍やインターネットの例や例文を真似るのではなく、参考とします。書き方のポイントを掴んで自分の文章をつくることです。

ビジネスマネーに沿った履歴書の書き方の中で、熱意あるれる志望動機を含んだ、自分を強烈にアピールできる文章を工夫してください。

このサイトでは履歴書の書き方のポイントを記事を通して紹介します!!
志望動機の書き方のポイント

履歴書の中でも志望動機は重要なファクターとなります。転職者活動の場合は業務経験と並び、企業の採用担当者が重視する項目です。また就職活動者のとっては職務経験はありませんので、この欄が最も自己アピールができる項目となるでしょう。

志望動機は応募者の「入社意欲」を判定する項目です。他の応募者よりも強い入社意欲を示すことができれば書類選考ではそれだけでも有利になります。履歴書の用紙の狭い志望動機の欄で「自分が働きたいのは御社ですという気持ちをどう証明するか」がポイントです。

入社意欲を示すのに口先だけで「御社で働きたい!」と訴えても説得力に欠けます。やはり心の底から、「この業界で働きたい!」「この業種に就きたい!」「この会社で働きたい!」という強い気持ちがあってこそ、企業の採用担当者の心を動かす志望動機が書けます。自分の本当の気持ちに気付き、表現することこそ書き方のコツです。

履歴書の志望動機を書く前に、「なぜ自分がその会社で働くことを希望したのか?」今一度確認をしましょう。

自分に質問をしてみてください。

「この会社を何で知ったのか?」
「この業界に興味を持ったきっかけは何だったのか?」
「会社を選んだ基準はどこにあったのか?」
「入社して取り組みたいことは何なのか?」
「なぜ、この会社なのか?」

貴方はこの会社を志望したからには、何か他の業種、職種、企業と比較してそこで働きたいと思ったわけです。そのことを明確にすることが第一歩です。そしてその内容こそが履歴書の志望動機のコアとなります。

志望する業界、業種、企業の魅力を言葉にしてみましょう。漠然と頭の中で分かっているだけではなく、文字にしてメモに書き出してみましょう。真の志望動機が見えてきます。

そして、その会社入ったことを想定して、自分のしたいこと、ライフワークなどのイメージを膨らましてみます。

そこが具体的に見えたら、志望動機の例や見本を参考にして、自分をアピールする文章を考えます。
履歴書などの応募書類を持参する場合のマナーを解説します。履歴書を持参する場合は、そのまま面接に入る場合が多いかと思います。事前連絡でアポイントを取った上で、約束の時間に必ず間合うように出発します。遅刻は厳禁ですから余裕を持って訪問するようにします。ビジネスマネーとしては、約束の5分前に訪問するのが最適です。交通にかかる時間を良く調べ、余裕を見てだ家を出ましょう。

封筒の書き方と渡し方について説明します。間違いやすいので注意してください。履歴書など応募書類を持参する場合は小さな封筒に、折りたたんで入れたりせずに、必ず無地の大型封筒に折らずに入れていきます。封筒の表面は無記入、封筒の裏面には自分の連絡先と名前を書いておきます。上から添え状、履歴書、職務経歴書の順に重ねて入れます。渡した直後に面接となり、書類を取り出すことがあるため、封はしないで渡します。履歴書などの入った封筒の渡し方は、封筒の表面を上にし、自分で封入口側を持ち、相手が持った時に、封筒の天地が正しくなるように差し出します。「応募書類です。宜しくお願いいたします。」とはきっりした口調で伝え、一礼をして渡すようにします。このあたりのマナーは、ビジネスにおいて得意先企業や顧客などの書類を持っていく場合と同じです。ですから、キチンと行いましょう。もう面接が始まっていると思ってください。そして、面接では「質問にどう答えるか?」「何を答えるのか?」ということばかりを考えがちになりますが、それと同じくらい大切なのが第一印象です。どんなに面接官とのコニュニケーションがうまくいっても第一印象が悪いと大損です。第一印象を良くするために最低限のこと、明るい表情を心がけます。とくに目線が大事です。うつむいたり、キャロキャロしないようにし、相手の目を見て話すようにしましょう。

履歴書の志望動機を書けと言われると「将来性があるから」「安定しているから」「業界1位の会社だから」「以前から憧れていたから」など企業を持ち上げるような内容を書く人が多いようです。しかし、企業が期待しているのは、こういうマンネリした褒め言葉ではありません。企業は「こういう理由だから志望したんだ!」という明確な志望動機と入社への強い意志を見たいのです。そういう面から志望した理由を考えてみよう。企業の求める人材や企業の体質と、自分のやりたいことや自分の体験、スキルがどこかで紐付いているはずです。もし、企業と自分との接点が分からなければ、自分のやりたいことを具体的に書き出してみましょう。そして、志望している企業の情報を再度調べ直し、企業と自分の紐付きを明確しましょう。その1点を自分で把握できていれば、履歴書に志望動機のおのずと見えてくるはずです。あとは、「出来るだけ自分らしさを出せる文章を作り上げること」と、「どうしてもこの会社に入りたいんだ」という強い意識を表すようにすることです。
履歴書などの応募書類の郵送には、白無地の封筒を使います。価格が安い茶封筒は、ビジネスマナーとして失礼にあたることもあるので使わない方が無難です。市販の履歴書セットを購入すると、三つ折用にピッタリの白い封筒が同封されているかと思いますので、これを使うと良いです。応募書類は三つ折にして封筒に入れます。但し、折っていない書類の方が読みやすく、ファイルもしやすいことは確かです。採用担当者の手間を考えると、折らずに済む大型の封筒を使っても良いでしょう。また、書類と封筒のサイズがピッタリだと、封筒の開封時に、誤って中の書類まで切ってしまったり、取り出しにくかったりしますので、余裕をもった大きさの封筒を選択しましょう。書類郵送の際に返信用の封筒を同封する場合には、宛名に自分の住所、氏名を書き、敬称部分は「行」としてあらかじめ切手を貼っておくのがマナーです。そして、郵送時の宛名は縦書きします。企業名は必ず確認してから記入します。敬称も間違えやすいので注意しましょう。下の「宛名と敬称の表記」を参照してください。応募書類が数枚の定型郵便なら80円で間に合いますが、他にも同封する書類がある場合などは、料金を必ず確認しましょう。重量超過で料金不足ということは、ビジネスマナーとしてあってはならないミスです。

【宛名と敬称の表記】
・企業人事部宛であれば、
株式会社○○ 人事部御中
株式会社○○ 人事部長殿
・人事部長宛であれば、
株式会社○○ 人事部長 ○○様
・担当者宛であれば、
株式会社○○ 人事部 ○○様
・単に氏名のみだったら
株式会社○○ 採用ご担当 ○○様

企業が求人募集を行なえば、山のように履歴書が届きます。応募する側としては、その山に埋もれないように、採用担当者の目にとまる履歴書を書く必要があります。と言っても色の付いたボールペンを使うなどはマナー違反、「会いたい」と思わせる的を得た内容を記入し印象づけることです。そのためにはメリハリのある履歴書にしたいのものです。すべての項目をビッシと埋めておけばいいというものではありません。自分なりに工夫しオリジナリティが必要な項目と正確に簡潔に記入するだけで良い項目を区別し、記入内容を使い分けるのが、履歴書書き方のポイントです。

まずオリジナリティが必要なのは、「志望動機」と「退職理由」の2項目です。採用担当者はこの2つの項目で採否を決定していると言っても過言ではないと思います。ゆえに、この項目に伝えたいことの8割を盛り込むようのします。上記以外の項目「趣味・特技」「長所・短所」などは、志望動機や退職理由を裏付け的な存在です。ウソなく事実を書けば良い。ただ本人希望欄は、うまく使えば自己PRができる項目です。もし記入することがないのなら、簡潔は自己PRを入れて印象付けましょう。以上のことを頭に入れて、自分の主張できるメリハリのある履歴書を完成ことが書き方のポイントです。
履歴書の性格欄についての話です。履歴書の項目の中の志望動機や性格の欄は、応募者の人柄をあらわします。企業の採用担当者としても、この項目から応募者の人なりをイメージし、会社の業務に適しているかを判断しようとします。履歴書の書き方のテクニックの基本は、「何を書いても、記入したことが自己PRに繋がる書き方」をすること。性格欄の書き方のポイントは2つあります。まず、人間の特性は2面性があることに目を向けます。「親切」であるこは反面、「おせっかい」であったりします。長所と短所は裏表でもあり、ある1つの特性をプラス面とマイナス面から評価しただけのことが多いです。それを踏まえて、長所、短所、性格について書く場合には、まず自分の長所をアピールします。そして、それがあまりあるが故に短所になりうることに触れ、今後の課題としている部分を明示して締めるという書き方がコツです。例を出すと、「思慮深い」ことが長所だが、「即決断できない時もある」、今後は効率良く物事を考える面を育てたい、などという書き方です。自分の長所をアピールしつつ、それを客観的かつ冷静にとらえ、自分のことを良く分析している印象を与えることもできます。明確に短所を示すような指定に対しても、短所を書くだけに終わらずに、その特性をプラス面に言及する。これが性格欄の書き方のポイントです。

そしてもう1つのポイント、単に長所だけを書くような場合そのときは、志望動機の欄など他の項目と同様に具体的なエピソードを添えて書きます。よくある例として「積極性がある」とだけ書かれても、リアルにイメージできないとアピールが弱くなります。履歴書に具体的な経験の中からの物語を含むことで、企業の採用担当者は応募者の性格をイメージでき、強い印象を持つようにもなります。

■書き方の例文
『物事に対していつも前向きで、積極的な性格です。反面、思い入れのあることに対しては熱くなり過ぎてしまうこともあり、今後の課題として、冷静に物事う見つめることができように精進する考えです。』


気になるアイテムをチェック♪
このサイトについて