なぜか「面接に受かる人」の話し方
同じことを話しても面接にパスする人と落ちる人、その差は何か?
rakuten.co.jp

あなたの天職がわかる16の性格
自分に合った仕事は人生を明るくする♪
amazon.co.jp

貧乏神を追い払う!?大人気の風水財布!
大行列の出来る噂の財布。就職、転職のお守りにも。
rakuten.co.jp

志望動機の書き方と例文(転職)

営業職に応募する際の履歴書の志望動機の書き方についてです。協調性を切り口にした例文をいくつか紹介します。今回は「協調性」ということを、志望先の業務要素へと紐付けていく書き方の例です。

■例文
「私は商品開発に携わって来ました。今回、商品が消費者にどのように映っているのかを確かめたくなり、営業職を希望しました。御社は商品を開発するとき、営業や開発のわけ隔てなく、自分の意見を言い合う社風があると聞きました。その環境に惹かれて応募しました。」
※会社組織の特徴を掴み、自分と紐付け志望動機としました。人間関係に対して前向きな性格をアピールしています。

■例文
「私は自分が良いと思ったものを人にすすめたがる性格です。この性格を活かした仕事がしたいと思い、営業職を希望いたしました。御社でこの性格を活かし、新製品の販売に貢献したいと考えています。」
※自分の性格と職種の特性を紐付けた例文。キャリアを求められる人の場合はスキル的なことを盛り込むようにします。

■例文
「年齢制限より5歳上ですが、従来より関心を抱いていた御社の製品に携わりたく、新人のつもりで応募しました。前職の職場の平均年齢は25歳で年下の同僚と働いていました。」※年齢的なことが採用選考に引っかかりそうな場合の書き方

■例文
「前職では不動産業界の営業をしていました。売上げは自分の力よりも物件の力によるところが大きかったと感じています。自分が信頼されることが売上げにつながるような商品を扱いたく、保険会社を希望しました、なかでも今、外資で一番信頼性が高い御社で自分のスキルを高めたいと考えています。」
※営業職では顧客との信頼関係を築く能力は重要な要素。そこに焦点を当てることは好印象を与える。

※志望動機の例文はあくまでも一例です。履歴書を書く場合は、自分の文章を書くようにしましょう。

履歴書志望動機の書き方の例文を紹介します。今回は積極性を表現した営業職の場合です。この欄の書き方のポイントは、まず自分の経歴を振り返り、アピールポイントを見つけます。それと同時に、企業側の情報を集めて、企業が求めているものを知り、接点を見付けることです。そこが明確になったら具体的な文章に仕上げていきましょう。インターネットや書籍の志望動機の例文を参考にするのは良いですが、真似は止めます。各人状況が違いますし、多くの方は似たような文章を書いてもアピール度に欠けます。あくまでも、書き方のコツを掴むことです。

[履歴書の志望動機の書き方の例文]

■例文A
「5年間にわたる営業経験を生かし、企画部において新たな販路の開拓や新規出店計画の立案に携わりました。こうした2つの経験が御社の新規プロジェクト発足に十分に生かせるものと思い、応募しました。」

■例文B
「スーパーの加工部門、食品加工会社、食料品店などの業務用品のセールスを約5年間担当してきた経験から、顧客ニーズを把握し、商品提案をしながら、顧客に食い込んでいくコツを身に付けました。その経験を生かして、より専門性の高い営業をしたいと考え応募しました。」

■例文C
「前職ではクレーム処理を担当していた経験から、ちょっとやそっとではへこたれない精神力があります。この精神力を生かし、御社の営業職では顧客の立場に立って提案できる販売スタイルを目指し、さらに向上をしていきたいです。」

例文A〜Cの3つとも、自分の経験に目を向けセールスポイントを表現しています。そして積極性を表し、具体的な書き方をしている点が良い!
リーダシップや協調性をアピールする志望動機の書き方の例文を紹介します。(但し、キャリアを求めらる転職者の場合には向きません)「チームをまとめていくことができる」「社内でもめごとを起こさずに、まわりの人と上手くやっていける」という印象を与えることを目的とした例です。リーダシップ力が業務メリットを生むこと、営業職やサービス職であれば協調性のある性格が顧客と良い関係を築くことを印象付けます。履歴書に記入する際には、「リーダシップ力があります」「私はまわりの人と上手くやっていける性格です」とストレートな書き方をするだけではアピールが弱くなります。、具体的な出来事などを交えて記入することで企業担当者へ印象付けます。日常の生活の中で色々な出来事を思い出すようにするとヒントが見つかったりします。

特に履歴書の志望動機の欄は、いきなり書式に向かっても書く内容が出てこないものです。あくまで、過去の出来事の流れの中から、「将来はこうなりたい!」というものを見つけていくことが大切です。また、この性格をアピールする書き方は、キャリアを求められる転職希望者には向きません。あくまでも、第二新卒のような浅めのキャリアの転職希望者がアピールする要素だと思います。

■協調性をアピールした志望動機の良い例文
『私はリーダシップ力があり、チームをまとめて仕事を進めていくことが得意です。前職の新規事業の立上げの際はチームリーダーを任され年間売上を達成しました。この性格を活かし御社でもチームの要となれるように頑張りたいと思います。』

『前職は御社と同業種で、常々御社の営業戦略には魅力を感じていました。御社の営業の方々の大変エネルギッシュに活動されているのを拝見し、私も仲間に入れていただきたいと思い志望しました。』

■協調性をアピールした志望動機の悪い例文
『私は皆と上手くやっていくことのできる性格です。その性格を活かして御社でも頑張りたいと思います。』

良い例文では具体的な出来事が含まれているのに対して、悪い例文はただ「上手くやっていける」と言っているだけです。自分の過去の出来事を思い出して、それを切り口に志望動機を考えましょう。
営業職から一般事務職への応募する場合の未経験者の応募の例文です。この例のポイントは、未経験が故にだた「全力で頑張ります!」「挑戦したい!」という精神論を脱出し、未経験ながら持っている知識や職歴からアピールできる経験やスキルを見つけ明示する書き方です。今まで業務経験の中で応募する業種や業務への応用できる基本知識、基本技能があればアピール材料として使います。パソコンスキル、接客の経験、プレゼンテーション能力、コミュニケーション力、交渉力、リーダ力などは広範囲な職種に使えます。その他で職歴として書く程ではなかった業務補佐の経験なども志望先に関連することは、土台があるいうことでしっかりアピールします。

【未経験者の志望動機の書き方の例文】

■パソコンの基本スキルをアピールした例文
『職務経歴書に書いた通り事務職経験者に匹敵するパソコンスキルがあります。今までは営業として、後方支援とし適切で効率的に事務作業の重要性を痛感し理解したおります。その体験を活かして御社にて新たにキャリアを積みたく考え志望しました。』

■持っている知識をアピールした志望動機の書き方の例文
『自分の工夫や努力が明確な成果として現れる仕事をしたくて営業職を希望しました。前職でもお客様に喜ばれることがやりがいでしたが、御社では趣味の自動車知識を生かして、お客様と長く続く関係を築きたいと思います。』

■前職の経歴からアピール要素を見つけた志望動機の書き方の例文
『前職では契約後のお客様対応業務を担当しました。ご要望に沿った提案や助言をして喜ばれる仕事にやりがいを感じておりました。アドバイス販売に力を入れる貴ショップで販売職としてのキャリアを積みたく考えております。』
経理事務職の履歴書の志望動機の例文を紹介します。自分のアピールポイントを明確にしたら具体的な内容を入れ説得力が増すように書きましょう。

■志望動機の例文(経理事務職)【良い例】
『私は前職で経理事務を5年間勤め、社内全体を見ながら仕事をすることを心掛けて来ました。さらに管理能力を高め、社員の方が気持ち円滑に仕事ができる様に、企業規模の大きい御社でサポート能力に磨きをかけたいと思います。前職の経験を活かして、御社においても働きやすい環境をつくり出したいと思います。』

※前職で経験を積み、その経験を活かして次のステップを狙う書き方が○。履歴書ではキャリアを活かしステップアップを狙う書き方を心掛けます。

『前職では経理事務をしておりましたが、周囲が総合的な仕事も求めてくるため、経理職に集中できずにいました。そのため経理の仕事に特化したいと思いが強くなり、御社の求人募集欄にある「経理のプロを目指す方募集」という言葉に惹かれて応募しました。』

※履歴書で前職の悪い点の指摘はマイナスイメージを与えてしまうかも知れませんが、プロを目指したいという志望動機がはっきりしている点が○。志望先企業の求める人物像とマッチさせている点も良いでしょう。

■志望動機の例文(経理事務職)【悪い例】
『経理事務の仕事をすべて任されていました。それだけで他の社員には信頼をされていたのだと思います。今後は、もう少し規模の大きい企業で仕事がしたいと思い、御社に応募しました。』

※自分で「人に信頼されていた」と言っても信憑性に掛けますし、具体的な内容に欠けます。

(注意)例文はあくまで見本です。履歴書記入の際は自分の文章で書くようにしましょう。
企業側が志望動機を聞く理由は大きく2つです。1つは自社の仕事に向くかどうか?2つ目は採用したら貴方が本当に入社するかどうか?応募者の意志を確認します。

履歴書の志望動機の欄へ企業が求めているのは「将来性があるから」「安定しているから」「憧れていた」などほめ言葉ではありません。企業が求めているは、「こういう理由があるから志望した」といった明確な志望の理由です。

志望動機の書き方のポイントは、企業の求める人材と、自分のやりたい事、経験、スキルとリンクをさせることです。もし、リンクするものが分からない場合は、自分のやりたい事を具体的に書きます。希望した企業の情報を再度調べなおし、企業と自分との接点を明らかにしてみましょう。

そして、その接点を見つけておけば、面接に進んだ時に志望動機を聞かれても、自分で答えを見つけて伝えられるはずです。文例などを参考に、自分らしさが表現できる志望動機の文章を作成しましょう。

■企業の経営方針と自分をリンクした志望動機の文例
『御社が経営方針として打ち出している「事業部制」に共感を覚え志望いたしました。前職では企業規模が大きかったこともあり、個人的な力量を求められることがあまりありませんでした。ですから事業部ごとの独立精算方式をとっている御社で今まで自分が培ってきた人脈と営業経験を活かしたいと考えております。』

※文例はあくまでも例であり見本です。履歴書の志望動機の欄には自分の言葉で自分らしく書くことを心がけましょう。
履歴書志望動機の書き方のポイントです。企業の採用担当者にとり志望動機はズバリ!応募者のやる気を確認する項目です。非常に重要な項目です。

他の応募者に比べて、「強いやる気」を表すことができれば書類選考上優位です。志望動機の欄内で「なぜ御社に入社したいのか?」を的確に伝えることです。

いくつかパターンを紹介します。

■業界・業種に魅力を感じている場合

業界や業種を希望する理由と裏づけが必要です。未経験であれば業界、業種の調査研究を行い、自分の意思を確認し、「なぜ、この業界で働きたいのか?」「この業種に就きたいのか?」を明確にし、志望動機の欄には具体的な内容を書きましょう。

(例文
他の業界にはない○○が最大の魅力です。〜(この業界・職種に就くために身につけたスキルや知識)を身につけました。〜

■応募先の企業に魅力を感じている場合

他社との違いを具体的にあげ、応募先で働きたい理由を書きます。

(例文)
○○業においてIT導入活用し積極的に取り組み、ITを利用した新しい事業展開の計画を持つ御社に着目していました。新規事業展開において私の(業務に活かせる能力)を活かし、御社に貢献するとともにキャリアアップを考えて応募しました。

■自分のキャリアビジョンを持っている場合

前職では果たせないが、応募先では可能となる目標を上げて志望動機でアピールする。

(例文)
御社の経営方針であるコミュニケーションを重視の営業スタイルにおいて、私は○○な営業をしたいと思い応募しました。

■応募先で活かせる自分の経験と能力をアピールする場合

自分の経験や能力が応募先の企業へどんなメリットをもたらすかを出来るだけ具体的に表す。

(例文)
御社のインターネットを活用した○○業務において、私の前職の○○という経験が大いに活用でき、○○の効果が期待できます。〜〜

※履歴書の志望動機を書くにあたり、業種、企業の研究を念入り行い情報を整理して、自分との接点を見付けるのがコツです。内容が決まれば、例文や見本などを参考に自分の言葉で志望動機を書きましょう。
やる気を表現するために、具体的なエピソードを交えた営業職の志望動機の例文です。
ただ「頑張りたい!」では企業へ気持ちが伝わりません。過去に「どんな出来事があり」「どうして転職する気持ちになったのか?」ということを書くことで、仕事に対する前向きな気持ちを表すことも出来ます。

IT企業の営業の志望動機の見本

良い例文

前職の営業業務において扱っていない製品の顧客ニーズがあり、個人的に調達しトータルコーディネイトし顧客に納品したところ大変喜ばれました。それを機にソリューション営業に興味を持つようになりました。御社はパソコン機器全般を扱っておられ、顧客ごとの要求に最適な商品を提案できると考え応募しました。

悪い例文

御社はトータル的な営業ができるとお聞きしました。顧客とあらゆる面で関わりのもてる営業は私の一番やりたいことです。貴社で仕事の幅を広げ頑張りたいと思います。

良い例文は、「どうして企業を志望したのか」が具体的に書かれています。それに対して、悪い例は、具体的な内容がないので自己アピールに欠けます。

※文中の見本はあくまで例です。転職者により個人を取り巻く状況は違います。実際に履歴書の志望動機を書く場合は自分の文章を書くようにしましょう。
履歴書の志望動機例文です。生命保険の販売を例に取り上げました。「自分らしさを出すために、業界や業種へのこだわりを動機といました。ある商品やサービスの販売業務にこだわりを持ってキャリアを積んで来た点をアピールします。

業界・業種へのこだわりを表した履歴書の志望動機の見本

良い例文

私は、何回か転職をしましたが一貫して生命保険の営業という仕事にこだわりを持って来ました。その世界にいると自分が一番活き活きとするからです。ファイナンシャルプラナーの資格を取得するなど関連知識も身に付けて来ました。そして世界の最高峰である御社を最後の職場として志望しました。

悪い例文

前職で養った人当りの良さを武器に、世界の最高峰の生命保険会社である御社で働き、その道を極めたいと思います。自分も生命保険の営業のトップを目指し頑張りたいと思います。

志望動機の見本の良い例文では業界、業種にこだわりを持っている点が評価できます。そして業務に関連する知識も積極的に身に付け、その道のプロフェッショナルを目指して躍進する気持ちが出ています。それに比べて悪い例文では、人当たりの良さはスキルとしては弱いですし、トップクラスの会社で働きたいだけでは志望動機として通用しないでしょう。
志望動機を書くにあたり、企業や職種の研究をすることは必須です。その際にインターネットでホームページを見たり、求人情報を調べたりします。

良い履歴書を書くためには事前調査を念入りにやりましょう。そして、自分との共通点を見つけましょう。

事前調査をしていると企業の求めている人物像が見えてきます。その人物像の能力や性格が自分とマッチするようであれば志望動機のネタとして使えます。

志望動機の書き方の見本:

良い例文

御社の求人募集欄にある「チャレンジ精神旺盛な人求む」という言葉に惹かれて応募しました。御社の新規事業を思い切って立ち上げる姿勢は、私のへこたれない性格と前向きな仕事への取り組み方と重なるところがあります。御社と共に成長していきたいと思います。

悪い例文

御社の経営方針である「チャレンジ精神で仕事に望む」の言葉に共感を覚えました。前職では新規事業へ展開の提案をし、新しい試みをしようとしましたが全部却下され士気が下がってしまいました。御社ではチャレンジ精神で頑張りたいと思います。

良い例文は、企業が求める人物像に自分の具体的な性格を挙げてアピールしているのに対して、悪い例文は志望動機ではなく、前職への不満を述べています。
気になるアイテムをチェック♪
このサイトについて